「おねしょ」のタイプ

色々な「おねしょ」のタイプというものがありますが、みなさんはご存知でしょうか。

「おねしょ」のタイプには大きく分けで3種類のタイプがあるといわれています。

まずは1つ目ですが、夜に作られるおしっこの量が普通よりも多いといった場合です。

夜に作られるおしっこの量というのは大体200ccぐらいだといわれています。

しかし、このりょるに作られるおしっこの量が多いという人は一晩に250ccぐらいおしっこをしてしまうといわれています。

こうなってくると、膀胱が人並み以上に大きくなっていたとしても、おしっこを漏らしてしまうという傾向に陥ってしまうのですね。

また他のタイプとしては、膀胱の大きさが小さいという場合です。

膀胱の大きさが小さい場合は、どうしてもおしっこをためておく場所がありませんから、そのままおしっこをしてしまうのです。

そのため、膀胱が小さいという場合は、冷え性であったりだとか、お昼時にパンツにおしっこをしてしまうという傾向もあるようです。

そして最後に3つ目のタイプですが、これは非常に治療しにくいといわれているものです。

どういうものかというと、夜に作られるおしっこの量も普通で、膀胱の大きさも普通だけれども、夜になり寝てしまうと、膀胱がナゼが縮んでしまい、おしっこをためる量が少なくなってしまい、「おねしょ」をしてしまうといったようなものです。

ほかには、この3つが混合されたものなどといったようないろいろな「おねしょ」のタイプがあります。