「夜尿症」かもしれない

「おねしょ」対策として皆さんはどんなことを実施していますか。

子どもが6歳を過ぎてもおねしょが治らないといった場合は、少し「夜尿症」としての病気を疑ったほうがいいでしょう。

「夜尿症」というのは過度のストレスであったり、きちんとした生活リズムを贈れていなかったりする場合に、起こってしまうことが多いです。

かといっても、まだまだ自律神経がしっかりと発達していない子供ですから、必ず治療しなくてはいけないということではありません。

また、6歳を過ぎても頻繁に「おねしょ」をしてしまうのであれば、病院に行って指導を受けたほうがいいかもしれませんが、6歳を過ぎて、たまに「おねしょ」をする程度なら、まだもう少し様子を見てもいいかもしれません。

というのも、自律神経が発達するのが、ぱっと早い人もいれば、ゆっくりと発達していく人などといったように個人差があることは理解しておかなくてはいけません。

はじめての子どもなんかだと、ほかの子と比べて「おねしょ」が治るのが遅いとなると、とても心配になってきてしまうのですが、ほかの子は、ほかの子、自分の子は自分の子、といったように区別して考えるようにするといいでしょう。

自律神経が発達してくるようになると、自然と「おねしょ」も改善していきますし、それ以外にも医師のもとでしっかりと改善の方法をとっていたら必ず「おねしょ」は治りますから、へんに神経質にならずに気楽に見守ってあげましょう。